トピックス

LED照明器具導入の際に利用できる制度があります

照明器具を蛍光灯から消費電力の低いLEDに変えると、その数が多いほど節電になるので、費用削減の為にLEDを導入することは有効な手段となります。

しかし、LEDを導入するには大きな費用が掛かってしまうので、費用の面で導入するのは難しい…と考えている方が多いのが現状です。

 

そこで、補助金などの制度を利用する方法があります。

 

照明器具をLEDにすると消費電力が抑えられ省エネにつながるので、国や自治体はLEDの導入を奨励しており、一部では助成金や減税などの制度が提供されています。

これらを利用するとLED導入の際に掛かる費用を大幅に軽減出来る場合があります。

(例えば、国によるLED 照明の税制優遇措置や、自治体によるLED照明の補助金・支援策など)

 対象になるかどうかは、国・自治体によって異なるので、下記URLなどを参考にご確認ください。

 

エネルギー・温暖化対策に関する支援制度について(経済産業省)

 

※当社ホームページのお知らせにも、LED照明器具の導入について記載しています。

参考にご覧下さい。

当社検証により、蛍光灯をLEDランプに交換した場合

当社LED器具について

 

地球温暖化対策の為にも、省エネになるLED照明器具の導入を是非ご検討下さい。